banner
ニュース センター
先進の製造設備を満載。

セレクト 2024 Grady にサイレンが標準装備

Oct 15, 2023

2023 年 8 月 15 日

Siren Marine の主力 IoT デバイスである Siren 3 Pro は、Grady-White、Regulator Marine、SunCatcher by G3、Skeeter の一部の 2024 年モデルのボートに標準装備されています。

Siren Marine 3 Pro を搭載する 2024 年のボート モデルは次のとおりです。

ヤマハUSマリン事業部コネクティビティ担当ディレクターのアンドリュー・カレン氏は、「当社の大手ボート製造会社がコネクテッドボート技術とそれが顧客にもたらす価値を受け入れ始めており、これは当社にとって大きなマイルストーンとなる」と述べた。 「顧客がコネクテッドホームやサーモスタットに慣れているのと同じように、近いうちに、ボートがリモート接続、セキュリティ、監視のすべての利点に接続されることを期待するようになるでしょう。」

Siren 3 Pro は、グローバル 4G/5G LTE セルラー ネットワーク上で動作します。オプションで、セルラー カバレッジを離れた顧客向けのオフショア アンテナである SirenSat を追加できます。 センサーのオプションには、有線および無線のほか、NMEA 2000 ネットワークへの接続が含まれます。

Siren Marine サブスクリプションにより、顧客は Siren Marine モバイル アプリから Siren 3 Pro に完全にアクセスできるようになります。 このアプリを使用すると、顧客は Siren Marine ダッシュボードにアクセスでき、ボートの位置と監視対象システムのステータスに関するリアルタイム情報が提供されます。 顧客は、アプリ通知、テキスト メッセージ、および/または電子メールを介して、監視対象システムの通知とアラートを受け取ります。 さらに、顧客は、テキストや電子メール通知も受け取る家族、友人、隣人などのアラート受信者を入力することを選択できます。

Siren 3 Pro 用の Siren の最新ファームウェア リリースである Siren Trident は、ほとんどのヤマハ デジタル電子制御 (DEC)* 船外機で使用されているコマンド リンク プラス (CLP) プロトコルで独自のデータをキャプチャします。 そのデータを使用して、Siren Trident は顧客とディーラーに以下を提供します。

スマートフォンと Siren Pro 3 システム ハードウェアを介して操作される Siren Trident は、特に 150 馬力から 450 馬力までの Yamaha DEC 船外機で動作します。 このシステムはエンジンの稼働時間を蓄積し、メンテナンス間隔に達すると、プッシュ通知または電子メールでボートに乗る人に自動的に通知を送信します。 メンテナンス通知は、必要なサービスの事前のスケジュール設定を支援するために、ボート乗りが選択した認定ヤマハ船外機ディーラーに直接送信されます。

Siren ハードウェア標準を出荷するビルダーにとって、Siren Trident を使用すると、組み立て、サービス、または再電源の後に、取り付けられた CLP リギング コンポーネント間の互換性を簡単に検証できます。 これにより、生産現場とサービス現場の両方で時間と労力が節約され、消費者にトラブルのない所有体験を保証することができます。

アダム・クワント