banner
ニュース センター
先進の製造設備を満載。

人気の日本麺レストランチェーンを創業した大学中退者が億万長者に

Aug 22, 2023

トリドール創業者兼CEOの粟田貴也氏。

人気のうどん店で最もよく知られる東京上場トリドールホールディングスの創業者兼最高経営責任者(CEO)の粟田貴也氏が億万長者の仲間入りを果たした。 世界中で約1,900の飲食店を運営するトリドールの株価は3分の1以上上昇したこの1年、パンデミックで外出を制限されていた人々が再び外食を再開した。 金曜日の終値3,930円(26.8ドル)に基づくと、粟田氏のトリドール株48%は現在11億ドル相当となる。

1990年に粟田氏が設立したトリドールは、丸亀製麺などをチェーン展開する日本有数の製麺所運営会社に成長した。 トリドールは、スパイシーな中華ビーフン、パンケーキ、ラーメン、揚げたての天ぷらを提供する飲食店も経営しています。 2010 年以来、アワタはトリドールの拠点を世界中に拡大することに注力してきました。 1,000 軒以上のレストランを展開する日本のほかに、同社は米国、英国、カンボジア、香港、インドネシア、フィリピン、台湾、ベトナムにも拠点を置いています。

世界的な拡大の大部分は買収によって達成されました。 2015年、アワタはヨーロッパに拠点を置くアジアのファストフードチェーン「Wok to Walk」を買収した。 トリドールは2018年、香港の人気ヌードルチェーン「タムジャイ」と「サムゴー」を運営するタムジャイ・インターナショナルに2億4200万ドルを支払い、3年後に1億8000万ドルのIPOで株式を公開した。 今年6月、トリドールは英国でピザとギリシャ料理レストランを運営するフラム・ショアを約1億1,800万ドルで買収した。

粟田氏の拡大への欲求は満たされるわけではない。 トリドールは現在、ヨーロッパ、アジア、中華圏での合併・買収に6億5,000万ドル以上を充てており、今後5年間で飲食店を3倍の5,500店以上に増やし、収益を2倍の20億ドルに増やすことを目指している。

6月終了の四半期で、トリドールは前年同期比20%増の3億6000万ドルという記録的な収益を報告した。 同社はレストランへの客引きを増やしたことに加え、持ち帰りコーナーを追加したことが収益増加に貢献した。 しかし、インフレはトリドールの収益に打撃を与え、たとえば原材料費の高騰により、四半期純利益は20%減の5,000万ドルとなった。

粟田氏はコメント要請にすぐには応じなかった。

インドネシア・ジャカルタにある丸亀製麺店。

61歳の粟田さんは、神戸市外国語大学を中退した後、飲食店の世界に足を踏み入れた。 彼は 25 歳のとき、1985 年に最初の日本式グリルチキンレストランをオープンしました。しかし、かつて日本の放送局である NHK のインタビューで彼が明かしたように、「ほとんどビジネスが得られませんでした」。

亡き父の故郷、うどん屋で有名な香川県を訪れたことが、彼に新たな考えを与えた。 小麦粉のコシのある麺を客の目の前で調理するうどん店の外に長蛇の列ができているのを見て、粟田氏はブログ投稿で「食の感動体験」と表現した光景が、自分で麺を立ち上げるきっかけとなった。店。

工場で製造された麺ではなく、作りたての料理を提供し、顧客を魅了する感覚的な体験を提供することが粟田の信念です。 トリドールの手頃な価格のセルフサービス レストランでは、オープン キッチンで客の目の前で麺が調理され、通常は醤油ベースのスープにさまざまなトッピングを加えて提供されます。

チェーンの拡大に伴い、粟田氏は 2006 年に同社を東京証券取引所に上場し、当初は新興企業向けのマザーズ証券取引所に上場し、2 年後には東証一部に昇格しました。 これにより、彼はセットをさらに遠くに設定することができました。

丸亀製麺の牛薄切りうどんです。

ハワイへの休暇中、粟田は自分のコンセプトが海外市場に通じるかもしれないという予感を抱いた。 2011 年、トリドールはハワイに最初のレストランをオープンし、その後、中国、インドネシア、その他のより近い国にもレストランをオープンしました。 2021年、ロンドンに丸亀製麺1号店がオープン。 粟田氏は、1 つの味ですべての味覚に適合するというアプローチではなく、地元の好みに確実に応えます。 たとえば、レストランは 2012 年にオープンした中国ではトマトベースのスープを提供し、その 1 年後にオープンしたインドネシアでは唐辛子のトッピングを提供しています。